排水処理に使われる省エネ型脱水機

排水処理で発生する汚泥の処理に広く使われている脱水機はろ布式です。ろ布式の弱い部分を解消した、多重円板外胴型スクリュープレス式は、ろ布の代わりに多重円板を使用しています。その構造は、まず可動式と固定式の薄い円板を交互に配した円筒形のろ過部と、その内部に配された回転するスクリューです。ろ過の原理は、回転するスクリューのねじ山部分が可動する円板を順番に押し上げることで、固定の円板との間にできる隙間から水分だけが排出されるようになっています。ろ過は重力による作用になるため、ほかの脱水機のような加圧や真空を必要としません。また、ろ過部である円板は常に可動しているので、目詰まりは起こらず、ろ布式にある洗浄の必要はありません。そのほかの特徴として、濃度の薄い汚泥の処理にも対応しているので、直接反応タンクからの汚泥を処理することも可能です。

日本の排水処理の処置における素晴らしい技術や技能

現代の日本では、排水処理において素晴らしい技術を誇っています。それらの作業はあまり目立つところでするものではありません。作業自体は大きな音がしたり、派手なパフォーマンスがあったりするわけではないので見えにくいのですが、もし排水処理技術が粗末なものである場合と想像してみると、驚くほど日常生活を送る上でも重要な位置にあることが理解できます。普段は何気なく使用しているトイレが詰まっただけで、本当に大変なことからも、排水処理の技術力の高さは、特に日本においては特筆すべきものであると認識できます。また、排水管工事等の場合ミスできない点も多いでしょうし、外部に流れ出たりしてもそれは大変なことになりますので、気を抜けない施術をしてくださっていると想像できます。そういう高い技術力を持った方々に日本は支えられていると想像すると、誇らしいとともにとても感慨深いものがあります。

排水処理の仕事について

排水処理プラントの仕事は大まかに4つあります。施設内を点検し、壊れているところがあれば直す日常の点検・小規模修理業務。直営で直せない故障や業務は委託を発注し監督する工事・委託の発注・監督業務。操作室で下水処理の状況を監視する業務監視業務。処理水や流入水を分析し、良好に処理が行われるよう空気量などを決める水質検査業務。資格として危険物取扱者は自家用発電機がある処理場で必要です。水質検査で薬品を使いますが、資格が必要なほどのものはあまり扱わないので通常は不要です。優遇される資格としては電験・電気工事士・エネルギー管理士・ボイラー技士・衛生管理者・下水道技術検定などです。他にクレーンや大きい機器を動かす場合もありますので排水処理業務を考えている方は獲れる資格は何でも持っておいたほうがいいでしょう。

環境負荷を低減させる為の技術に自信があります。省エネと省資源に貢献をしています。 洪水発生時には海外へ純粋供給の実績があります。 メンテナンスからソリューションまでお客様のニーズに合わせたサービスを提供いたします。2016年3月31日まで、対象の超純水装置の更新の方には最大50パーセントの割引がございます。ラボ用から大流量を必要とする工場まで様々な規模に対応できる技術と製品を用意しています。 排水処理は実績のオルガノ